先輩社員の声


本社営業本部物流部港運倉庫課代理店係

窪田 沙耶さん(25)

入社前、入社後でイメージに違いはありましたか?

新卒で港を出入りする船舶の代理店部門に配属され、3年目です。

入社前は「荷物を運ぶ」という漠然としたイメージでしたが、貿易に係る中で知識が身に付き、幅が広がりました。


どういった時に達成感を感じますか?

貿易書類は一文字でも間違うと業務が滞ります。当初は何度かミスをしましたが、慣れるにつれてスムーズになってきました。

輸出の荷物をお客様から依頼されると、船のスペースを確保し、船荷証券(B/L)という有価証券を発行。一連の手続きをやり遂げると大きな達成感があります。


採用を希望される方へ一言お願いします。

専門的な知識は実務の中で身に付きますし、先輩方が丁寧に教えてくださるので、心配せずに飛び込んで来てほしいですね。

港湾運送の講座など、社外研修にも比較的頻繁に行かせてもらえます。知識が増え、社外の方とも面識ができてきました。楽しみながら成長できる職場です。





本社営業本部物流部国際業務課

三原 健裕さん(23)

入社して毎日いかがですか?

学生時代に韓国への留学経験があり、通関部門に配属されて1年目です。

釜山にある現地法人とのやり取りや現場での業務で、充実した毎日を過ごしています。


仕事内容について教えてください。

通関では商品に「税番(関税分類)」をつけ、申告します。衣類であれば布地の素材だけでなく編み目でも税番が異なるので、最初は戸惑いました。

お客様にも教えていただきながら毎日勉強しており、頻繁に扱う衣類の知識は少しずつ身についてきました。今後は商品知識をさらに増やし、いずれは通関士の資格も取得したいです。

海外出張にも行かせてもらえるよう、韓国語の勉強も続けています。


職場の雰囲気はいかがですか?

当社は職場の雰囲気が明るく、先輩方が親身になって教えてくださいます。

若い社員も多く、働きやすい職場です。